こむら返りの原因と対処方法!睡眠中のふくらはぎの激痛は本当になくなる?

睡眠中に突如起こる激痛、こむら返りの原因と対処方法についてご紹介いたします。
MENU

こむら返り

突如起こる。ふくらはぎの激痛!!

 

痛くて寝られない。

 

何度も繰り返す。

 

もうストレスで耐えきれない!

 

そんな激しいこむら返りに悩まされていませんか!?

 

こむら返りの4つの原因に着目

 

1日5粒であなたの睡眠をサポート

 

こむら返り専用に作られた「こむらくだ」

 

 

通常価格7000円が

 

 

初回980円!!

 

↓↓こむらくだの詳細はコチラ↓↓

こむらくだ

 

>>毎日の痛みに「こむらくだ」<<

こむら返りが起きてしまったら?すぐに出来る対処方法

こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎの筋痙攣の事をいいます。

 

ぞくに言う足が攣る(つる)という言う症状です。

 

はっきりとした原因は解明されていませんが、激しい運動後や睡眠中に突如起こる事が多いようです。

 

こむら返りの症状は継続して起きているケースが多く、沢山の方が大きな悩みの種となっています。

 

こむら返りが起きた時の対処方法は!?

こむら返りの対処方法は至って簡単です。

 

こむら返りは、ふくらはぎにある腓腹筋と呼ばれる筋肉が通常よりも収縮してしまうことで起きてしまいます。

 

ですので、この収縮してしまった筋肉を伸ばしてあげることが重要となります。

 

酷い激痛で足のつま先が前の方へつっぱってしまっていませんか!?

 

その状態では一向に良くなりません!まずは以下のように対処してみてください。

 

  1. 膝を折らずに伸ばす。
  2. つっぱっているつま先を手で掴む。
  3. 膝を折らずにつま先を自分の方に向かって引っ張る。

 

このつま先の引き上げは約10秒程度行ない、その後ゆっくり元に戻します。

 

こうした一連の動きを、痛みがなくなるまで続けるようにしましょう。

 

つま先を引っ張る際は必ず膝を伸ばしておくこと!曲げてしまっては効果がでません!イメージとしては座ったままの前靴です。アキレス賢をぐっと伸ばすことを意識すると上手くできるはずです。

こむら返りに効果のあるサプリメント

 

「こむらくだ」はらくだしょっぷが送るこむら返りの原因に着目し作られたサプリメントです。

 

実体験の悩みから生まれたらくだしょっぷの自信作!!

 

1、体のめぐりを浴したり
2、適度な運動
3、十分な水分補給
4、バランスの良い食事

 

これ等がこむら返りを引き起こさないための対策ですが、現代の社会では中々厳しいライフスタイルなはずです。

 

そんな忙しい方の為に手軽にこむら返りの対策を出来ないものかと考えられ、1日5粒で手軽に始められる「こむら返り対策」

 

あなたもこの機会に是非らくだしょっぷの「こむらくだ」を試してみませんか!?

 

こむら返りの原因とは!?

こむら返りの原因について初めに動画で簡単に分かりやすく説明していきます。

 

こむら返りは立ち仕事をされる方やお年寄り、また、激しいスポーツをする方などに多く見られます。

 

特に筋力が弱い女性の方が多く、主婦の方など立っている時間が長い方は特に寝ている最中に激しい痛みに襲われることも多いようです。

 

では、このこむら返り、いったいどのようなことが原因で起きてしまうのでしょうか。

 

こむら返りの原因を大きく4つに分類してご紹介します。

1、筋肉の酷使によるもの

 

筋肉を使いすぎて、疲れてしまうと、筋肉と神経の連携がうまく機能しなくなり、筋肉が通常よりも異常に収縮することで起きてしまいます。

 

この筋肉の酷使が最も多い原因でと言われています。

2、体内の電解質異常によるもの

 

体内にある水分、つまり体液には、イオンと呼ばれる電解質が含まれています。

 

この電解質は水に溶けると電気を通す物質で、電解質は水の中では電気を帯びた状態となります。

 

電解質はナトリウムやカリウム、カルシウムなどが挙げられますが、これらはすべてミネラルに属しています。

 

ミネラルは筋肉や神経の動きを調節してくれる働きがあるのですが、血液中でこのミネラルバランスが崩れてしまうと筋肉が痙攣してしまいます。

 

したがって、栄養不足などによる体内の電解質異常も、原因の一つとして考えられるわけです。

3、筋肉量の低下と血行不良によるもの

 

人間は加齢とともに筋肉量が低下していきます。

 

筋肉量の低下は、体に冷えをもたらします。

 

そして、体の冷えや疲れといったものが血行不良を招いてしまい、温度を調節する機能が低下してしまうのです。

 

これにより筋肉の伸縮がきちんと働かず、これが足のつりを引き起こしてしまいます。

4、疾患によるもの

 

たとえば、動脈硬化や糖尿病、それに椎間板ヘルニアなどの疾患は、こむら返りの原因になるものと考えられています。

 

症状が頻繁に続いたり中々改善されない場合は重大な病気が隠れていると言われる由来はこれらのことからでしょう。

 

こう言った場合は早めに病院で医師の診断を受けるようにして下さい。

 

このように、こむら返りの原因は様々なことが考えられ、栄養不足や血行不良の方々だけでなく、健康な人にも起こりうる症状なのです。

こむら返りの効果的な予防方法

こむら返りの予防方法は、複数存在すると考えられています。

 

予防方法の多くは、日常生活に留意することが関連すると考えられており、効果的に予防するための方法も複数あるので紹介していきます。

 

こむら返りは普段からの予防で抑えられる場合もあるのでしっかり覚えておきましょう。

 

食生活を見つめ直す

最も効果的な方法としては、食生活を見つめ直すことです。

 

原因の2つ目にもありましたように、ミネラル分の栄養不足が電解質異常を引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。

 

日頃からカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富に含まれる食材を積極的に摂るようにしましょう。

ミネラル分を多く含む食材

納豆、エリンギ、ひじき、するめ、カキ、わかめ、焼き海苔、切り干し大根、インゲン豆、アーモンド、パセリ、小松菜、モロヘイヤ、バナナ、など

また、こうした食材を摂取するのが難しい場合は、サプリメントで代用するのも効果的なので、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

軽い運動で筋力をつけよう

運動を積極的に行うことが大事であるとも考えられています。

 

特に下半身の筋肉量が少なくなると、こむら返りが起きやすい傾向にあります。

 

適度な運動で筋力の低下をカバーすることが大事です。

 

また、毎日少しでも良いので腓腹筋を伸ばす足のマッサージやストレッチをしておくこともこむら返りの予防策となります。

 

筋力アップだからといって激しい運動や筋肉を刺激する行為はかえってこむら返りを引き起こす原因になります。運動をする際はあくまでも負担のかからないよう軽いストレッチなどから始める事をお勧めいたします。

こむら返りが頻繁に起きる場合

こむら返りが頻繁に起きる場合は一度、医療機関で医師の診断を受けてみてください。

 

漢方薬や湿布薬、そして筋弛緩薬などの使用も有効です。

 

またそれ以上に重大な病気が隠れている場合もあります。

 

すぐに治るからと放って置かないで必ず対処する事をお勧めいたします。

こむら返りの発生後の対処方法とは!?

こむら返りの発生後の対処方法についてご説明いたします。

 

最もこむら返り後に効果的な対処方法としては、湿布をふくらはぎに貼り付けることが挙げられるでしょう。

 

実際に湿布を貼る際には、温湿布を選ぶことが望ましいとされています。

 

患部を温めてあげることで、こむら返りの症状の緩和を後押しできるためです。

 

こむら返り後に、この温湿布を貼る方法を実践することによって、スピーディーにこむら返りの不快感やけいれんの症状が治癒するとされています。

 

できるだけ早い段階で湿布を貼るようにしましょう。

 

後遺症も軽度で済むはずです。

 

また、こむら返りの後の対処方法としては、マッサージをしてあげる方法も望ましいと考えられています。

 

まずは座った状態で、膝を伸ばして足首を立てる姿勢を作ります。

 

そして、親指を真ん中に据えて、足の指全体を手で持ち、ゆっくりと引っ張ってあげます。

 

この際には、手前に引っ張りますが、急に足の指を動かそうとはせず、ゆっくりと動かすことがベストな方法になります。

 

このようにしてマッサージを行うことで、症状を緩和させることが可能になるでしょう。

こむら返りと病気の関係性

こむら返りが時として病気と関連するケースも確認されています。

 

主な病気としては、糖尿病や腎臓疾患がまずは挙げられます。

 

これらの病気は体内のミネラル群のバランスが崩れることが多く、それがこむら返りを引き起こします。

 

ミネラルバランスが乱れることでこむら返りの好発することに直結することから、関連する重要な病気として掲げられています。

 

また、こむら返りに関わる病気には動脈硬化や脳血管の疾患も挙げられています。

 

こむら返りが体内の血流の乱れやつまりから発生することもあるとされており、その特性のある病気も関連すると考えられています。

 

こむら返りに付随して、不快感や吐き気などがある場合には、この病気を考える必要があるでしょう。

 

こむら返りに関しては、多彩な病気の関連することが想定されていることから、日常的にこむら返りが起こる人は疾患の有無を医師に確認してもらうことも大事になります。

 

重篤な病気が、こむら返りの原因となる可能性も少なからずあるため、その点も把握しておくことが希求されています。

このページの先頭へ